ブルサ行き長距離バス

長距離バスで町から町へ

LINEで送る
Pocket

トルコの重要な交通網として長距離バスが上げられる。料金も安く本数も多い。主要都市間には必ず走っているのでトルコ国内旅行を行う場合には非常に有効な交通手段だ。ここでは長距離バスの仕組みについて紹介する。

関連記事

長距離バス

イスタンブールからはブルサやエディルネなど日帰りで旅行できる場所も多々有る。こういった場所に長距離バスで移動するのは非常に有効だ。またカッパドキアの様な遠方に行くにしても飛行機で移動したりツアーに入るよりも遥かに安いので用途に応じて利用して行きたい。

バス会社

どこのバス会社を利用すれば良いか気になる方もいると思います。誤解を恐れずに言うならば、どこも大して違いません!行きたい場所、乗りたい時間に合う会社があればそれに乗りましょう。

オトガル

トルコの旅行ガイドを見ているとよくオトガル(Otogar)という言葉を聞く事になります。イスタンブールの路線図にもオトガルという駅を見つける事ができます。

イスタンブール・オトガル
イスタンブール・オトガル

オトガルとは特定の地名ではなく、「バスステーション」という様な意味になります。大きい都市には必ずあり、しかも中心から少し離れた郊外にあります。ですので、町Aから町Bまで移動するのであれば、

町A → 町Aオトガル → バス移動 → 町Bオトガル → 町B

という様なルートをたどります。オトガルと町の中心を結ぶ手段としては、メトロ、市内バス、セルヴィスなどがあります。特に覚えておくとお得なのはセルヴィスです。セルヴィスは送迎用のミニバスで無料で乗る事ができます。エディルネではオトガルと町を結ぶ唯一の手段です。

チケット購入

チケットは現地で買いましょう。オトガルに行き各会社の窓口でどこに行きたいか話せばチケットを出してくれます。出発直前のバスは大抵満席なので少し時間にゆとりを持って行くと良いでしょう。一つ次のバスであれば空いている事も多いです。

長距離バスのサービス

トルコの長距離バスは驚く程サービスが充実しています。まず、2時間に1回くらいお菓子等の軽食が出て、ジュースも振る舞われます。途中トイレ休憩もあり、バスの各座席にはタッチパネル式のコンソールが着いています。映画、音楽、ネット等を楽しむ為の物ですが、残念ながらタッチパネルが効かなかったり全てトルコ語だったりするのでこれはあまり使えないかもしれません。

このサービスの良さの割りに非常に低料金で、イスタンブールからブルサやエディルネに行くのにおおよそ30TL程度で行ける。

「いいね」ご協力お願い致します!

LINEで送る
Pocket